タイイング シザース

P3100003_convert_20110310230622.jpg 
TCM Razor Scissors T/C Blade


タイイング用のハサミを新調した。定価5.954円とオッソロしく高いのだが、釣具屋の溜まったポイントでわりとすんなり手に入れた。

昨日まで使っていたものはもう15年位経っていて、一度だけ砥ぎ屋さんにだしたが特に先端の切れ味が悪く感じていた。
それでも元々タイイングは上手い方ではないし、多少のフラストレーションは我慢できていたのだ。
先日ティペットを買いにいつもの釣具屋へ行った時、以前気に入って手にしたものの値段を見て「ビックリ棚戻し」したハサミが目にとまった。多少安くなっていたしポイントも溜まっていたので買うことにした。

かなり昔お袋が手芸に使っていたゾーリンゲン、ヘンケルスのハサミが良さそうに見えてこっそりタイイングに使ったことがある。結局バレて「鳥の羽なんか切るな!!」と恐ろしく怒られたことがあったが、あれはたしかによく切れた。

ティムコのこのハサミはやはりドイツ製のタングステンカーバイトを素材にした非常に鋭い刃先を持つものでずば抜けた切れ味を持つということだったが、確かにこりゃあ凄い・・・・新品だから切れ味はいいわけだが、所謂マテリアルの逃げ、というのが無い。持った感じはこのてのハサミとしてはかなり重いのだが、この重みが操作の安定感を生み出すようだ。

フライを巻くのは億劫になることがあるが、道具一つ変えただけで作業が進むもので今シーズンはタイイングの時間が楽しくなるかもしれない。




スポンサーサイト

2011 リーダー

 
Wind Master


だれかさんの影響で春先の本流を始めて色々考えることが増えた昨今。一番の問題はライズの有る無し。どういう状況でライズが起こりやすいか・・・つまりハッチとライズがどういう時にリンクするのか。これはたぶん永遠に決定打は見つけられないのだろうけど、「らしい感じ」はあるわけで、その中に 風 も含まれる気がする。

続きを読む

どストライクな釣具

d0132880_18355950_convert_20110112213823.jpg 
煤竹と黒柿



古い民家の囲炉裏。その天井で燻された竹に土蔵の軒下に取り残された黒柿の太い梁。それがこんな風合いを醸し出すのかあ!!オーバーでなく奇跡的な出会い。素材の氏素性というか、どういう風に「生きてきたか」という歴史が見えてくるようなそんな感覚にとらわれた。ただ美しいとかカッコいいとか渋いとか、そんなもんじゃあないな。

ほんと、久しぶりにドキッとしたストライクな釣り道具だ。

続きを読む

ご教授請う


漏る

 

今日の釣りを終えて車に戻りズバッとウエダーを脱ぐと、左足の靴下がぐっしょり!足首から上は濡れていないのでネオプレーン部分の水漏れですね。年間30日程度の釣行で3シーズン目の春ですが、漏るんだなこれが。たしかによく歩くからシューズの中で擦れるんだろうか?いつもは3シーズン終わって買い替え、なのですが・・・どなたか補強の方法など良い知恵はありませんかなあ?ゴアテックス部分は無傷なのに、明日買いにいかないと。 なんかもったいない・・・・

県内共通券

年券 
干支の虎を入れたのはアイデアだとは思うが・・・


どこのものでも年券というのは似たりよったりのデザイン。遠くからでも見やすく腕章のようにつけたり、背中へ安全ピンでとめたりしろ、という作りになっております。

続きを読む

プロフィール

somebin

Author:somebin
東京都練馬区在住
FF歴35年を超えました。まだまだ修行中の身なれど
少しでも役に立つ記事が書ければ幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR