謎の音楽

Muldaur
1975年発表のグッドタイムミュージック
1960年代後半から1980年位までのレコードはたんとあります。今もよく聴きます。CDに落として釣り旅の車中でも聴きます。Jazz,Blues,Rock,Bluegrass,Irish...なんでも聴くのですが、ここ数年自分の聴いている音楽はいったいどこから来たのか?という疑問と知りたい!とうい好奇心が沸き起こりまして、ルーツ探求の旅、にでたのでありました。まず今私たちが聴いているポップス、ロックなどと呼ばれる大衆音楽はアメリカで生まれた、ということはほぼ間違いないでしょう。アメリカにはネイティブアメリカンが世界中のだれにも知られることなく暮らしていたのですが、大航海時代を迎えたヨーロッパからやってきたキリスト教徒たちが勝手に旗を立てて「我が国王陛下に捧げる~」かなんか言って、あれよあれよと言う間に植民地化されていったわけです。北米には主にイギリス系の人々が移民として渡ったのですが、この中もスコッチ・アイリッシュとか、プロテスタント、カトリック、さまざまな集団。犯罪者。年季奉公など各自事情が違っていたようですね。しかし大体は母国にいられない事情、があった。貧困、逃避、迫害といった背景が多くあったことは否定できないようです。そうした人々が親しんだ音楽とはなんででょう?民謡ですよね。冠婚葬祭に演奏されたり歌われたりする音楽。麦やジャガイモの収穫で歌われる音楽。領主を皮肉った歌。そういった音楽を持ってアメリカに移民してきたのです。一方今の大衆音楽、ロックやジャズ、ポップスなどの重要な要素にブルースがあります。この音楽にはアフリカから強制連行された黒人奴隷が大きくかかわっていると言われています。この二つの音楽を合わせたのがロック、といった単純な話ではないので、また追々お話していきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

somebin

Author:somebin
東京都練馬区在住
FF歴35年を超えました。まだまだ修行中の身なれど
少しでも役に立つ記事が書ければ幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR