2010総括 導入

 
3月


うまいタイミングがなかなか巡ってこなかった鬼怒川。ボウズの日もあった。
それでも久しぶりに春のハッチに合わせた釣り、というものを実感しバイスの前から川原まで一貫して楽しかった。


P3180008_convert_20101229234929.jpg 

このサイズから上は釣れなかった。チャンスがないわけではなかったが、腕とイマジネーションの問題。
3月中は時間があれば通ったが「昆虫採集」に行っていたようなものだった。

4月・・・・・


P4090021_convert_20101229235156.jpg 
カタクリのころ


シャロムへ行ってみた。前年に産卵後の魚達を確認していたが、春まだ浅い時期にはどの程度回復しているものなのだろう?という興味で。

P4090004_convert_20101229235414.jpg 

P3120003_convert_20101229235004.jpg 

どの魚もまだスレンダーだが、色艶は戻りつつありヒレもすっかり回復していた。なぜか嬉しくなる。
シャロムはそうした自然な状態の魚の様子が実感できる貴重なフィールドだと思う。管理釣り場という枠ではとても括りきれない。毛鉤のテストでも随分と重宝した。

5月・・・・・


P5220084_convert_20101229235920.jpg 
雪代の残る秋田へ


今年は例年より1週間早い遠征とした。理由は4月がとても暖かく雪解けが早かったことによる。秋田からの情報でもそれがよろしかろう、ということだった。ただ3月から4月初めには雪が例年より多い、そんなアンバランスな状況ではあった。

P5210031_convert_20101229235506.jpg 
オオクマスピナー

この虫の飛翔は心躍るものがある。雪代をかすかに残す水量たっぷりの渓で頭上にはらはらと舞うカゲロウはまた、魚達も魅了する。午前中のスピナーフォールにうまく当たった。

P5200011_convert_20101229235611.jpg 

P5210048_convert_20101229235659.jpg 

P5220081_convert_20101229235814.jpg 

P5220097_convert_20101229235848.jpg 

ライズは頻繁でしかもドリフトさえしっかりと行えばごく自然なくわえ方で釣れた。サイトで、ブラインドで、ライズ狙いでと、この釣りのだいご味を十二分に味わった。

支流に入れば雪代による濁りはなく、清れつな流れがあった。無論よく釣れた。まだ回復途中でスレンダーな身体でよくフライを追った。どの魚も数カ月後の「尺」を予感させ、次回以降の遠征がすでに頭をよぎったりしていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

somebin

Author:somebin
東京都練馬区在住
FF歴35年を超えました。まだまだ修行中の身なれど
少しでも役に立つ記事が書ければ幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR