スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い人達に聴いてほしい Ⅲ

51fVB17XX-L__SL500_AA300_.jpg 
Kind Of Blue / Miles Davis                   1959



2011年最初の音楽話はジャズ。

マイルス・デイビスは1926年アメリカ・イリノイ生まれのジャズ・トランペット奏者。モダン・ジャズの創世記から1991年に亡くなるまで革新的な音楽を追求してきたジャイアントだ。
マイルスに関しては様々な評論がなされており、またマニアも大変多いことからこうして語るのは少し怖い気もするが、一度は聴いておくべき20世紀の遺産のような作品だと思う。

ジャズという音楽は1900年代初頭にラグタイムやブルース、ブラスバンドなどから誕生したと言われている。その特徴はなんといってもアドリブ性にあり、原曲をいかに自分流に演奏するかということが原点にあると思う。カッコイイ演奏の競争が生んだ音楽だ。当初はダンスのための演奏だったが、だんだんと聴かせる音楽へ変貌しその中から個性ある解釈と演奏が発展してきている。その最初の画期的変革はビ・バップと呼ばれたジャズで、原曲のコード進行を代理コードでリハーモナイズしたり、一つのコード内でも転調を行うといった複雑化でアドリブを行う。その疾走感と躍動感は当時の人々にとって新鮮な驚きと興奮であったと思う。チャーリー・パーカー、ディジー・ガレスビーがつとに有名だ。マイルスもそうした中で切磋琢磨していたのだろうが、どうも聴いていてたどたどしいというかぱっとしない。そんなマイルスのジャズを大きく転換したのがこのアルバム Kind OF Blue だと思う。




miles20davis2060.jpg 

Kind Of Blue はモード・ジャズと呼ばれるひとつの大きな流れを作り出した。1960年以降のジャズを方向付けたと言っても過言ではないと思う。ビ・バップからハード・バップ期にどんどんコードは細分化され複雑になっていったが、その振り子の呼び戻しがモードだと思う。今度はコードを思いっきり単純化したのだ。コードという制約を廃して自由に演奏される曲はバップとは違った意味の緊張感がありスリリングですらある。

マイルスは演奏自体も簡略化し、トランペットの醍醐味であるハイノート(高音)を避けて中音域の音を多用した。音数もぐっと抑え気味で無駄と思える音を一切出さない奏法へ向かった。マイルスはビ・バップに限界を感じた、などとよく言われるがあまり得意ではなかった=自分向きではない、と思っていたかも知れない。バップから解放されたと言った方がいいと思う。

あまり能書きばかり言っていると So What? ということになるが、とにかくこのアルバムはかっこいい。マイルスはもとよりビル・エバンス(p)、ジョン・コルトレーン(ts)のクールさといったら!!全体を通しての「静」には驚くほどの美しさとリリシズムを感じる。

世界で一番売れているジャズアルバム。ということはジャズ・ファン以外でも聴いている人が大勢いるということだ。(ジャズ・ファンはごく少数派だから)ジャズ史上重要な内容ながら、ちょっとジャズでも聴こうという向きにも人気のあるのがKind OF Blueなのだ。優れた音楽とは往々にしてそうしたものだと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

somebin

Author:somebin
東京都練馬区在住
FF歴35年を超えました。まだまだ修行中の身なれど
少しでも役に立つ記事が書ければ幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。