スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーヨン・ラフィア フライ

P1190018_convert_20110119220821.jpg 
ガガンボ


ウイングとボディにラフィアを使ったバージョン。着水と同時にカーブシャンクのボディが水面を割る。それに引かれるようにCDCのレッグが水面裏に張り付く。同じくウイングが素早く水を吸ってヨレ、縮みが生じる。水面上には垂直に付けたCDCのみが出て目印にもなる。

そういう都合のいいストーリーを描きつつ巻いてみた。つまり水中羽化したイマージャーが水面から飛び立てずに「溺れた」状態を演出してみたいのだ。

水面を転がるように流れてくるガガンボアダルト。ライズはそのアダルトに起こらなくとも偶然釣りあげたヤマメのストマックにはゴッソリとガガンボが入っていることがよくある。水面下でしこたま喰っているのだろう。

ラフィアの吸水性を利用してクリップルも模索中・・・・・


P1180009_convert_20110119220852.jpg 
クリップル 17#


テール部はニンフを表現したい。ウイングケースにラフィア。ここからヌルッと出てくるダン。まだウイングが伸び切らずに短い。ここまでが水面下に。

このアイデアの元はさるお方のもの。パクリですがハッチを想像しながらのタイイングはけっこう楽しかった。
このフライを一旦コップの水に浸けると・・・・・・



P1180013_convert_20110119220933.jpg 
ちょっと気持ち悪い?

シャックとなったニンフ形状をさらに工夫すればもっと面白くなると思う。ほんとうはグレー、ダーク・ダン色のラフィアがあればいいのだが・・・・・

コップ実験では浮き方は完璧。水を吸ったシャク部の重みとCDC3枚を使ったインジケーターのバランスが良いらしく、見事にバーティカル状態。

でも、釣れるか否かは・・・・・まったく確信なし、というより「キャスティングでも練習すれば?」とも思うが・・・・・・・

たまには考えながらのタイイングも楽しいものだと思う。初めてロイヤルコーチマンを巻きあげた頃を少し思いだしたりもした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これが、吸水性のあるビニール紐ですか~?

水につけると、いい感じになるのですね。
私も、ちょっと探してみようと思います。

sakuさん

昨年からいろいろ試行錯誤なのです。たしかに釣れます。こんな話があります。
数年前の春の月光川。ライズを前に難儀している仲間を尻目に、これを使ったパターンでフライ交換なしに20匹ですって。グレー、ダーク・ダンが見つからなくて・・・・・
この件のちほどメールします。
プロフィール

somebin

Author:somebin
東京都練馬区在住
FF歴35年を超えました。まだまだ修行中の身なれど
少しでも役に立つ記事が書ければ幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。