スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モルフォファイバー考

P2160014_convert_20110216222229.jpg 
パラスピナー


またまたヘタクソなタイイングネタで失礼。先日釣り友から届いたエアロドライウイングにモルフォファイバーをブレンドしたウイング材。いろいろ巻いてみたがコンセプトに若干の違和感が残った。つまりこれをスピナーウイングとして使いたいのだが、
なぜそうなのかと言えば、その「キラメキ」が故なのだ。太陽光を受けたあの薄いガラス細工のような煌めきが欲しくてモルフォを使いたいわけで、シルエットのみに頼らないフライにしたいという発想なのだ。

スピナーの流下は産卵後や突風などによる落下で起こるわけだが、この流下をよく観察するとウイングが水面幕を割って張り付くように流れているのがわかる。つまりフライでもスピナーのウイングは水面幕を割っている方がよいということになる。
モルフォは水の馴染みがよいファイバーだが、エアロドライウイングやジーロンの浮力でモルフォファイバーが水面を割らないという状況はよろしくない。(*ただしシルエットを重んじる場合の使い方はこの限りではない

これまでのスピナーパターンはパラシュートで表現してきた。少し長めのハックルをごく薄くパラリと巻く。アイ側のハックルファイバーをカットして末広がりに整形。(*テール側もカットしたいところだが浮力に与える影響が大きすぎる





P6040004_convert_20110216222329.jpg 
マダラ系スピナー


このパターンに煌めきの要素をモルフォによって付加しようというのが今回の目的だ。パラシュートハックルの下に若干斜め下に向けたモルフォを付けている。つまりスピナーのシルエットを保ちつつウイングの煌めきを持ち合わせたフライ、という欲張り。欲張ると結果が付いてこないという話もあるが・・・・・・・
まずはもう少し精度をあげて試してみたい。



P2160019_convert_20110216222300.jpg 
ノーハックルバージョン


さらに「キラメキ」に特化するのであれば、いっそのこと形状たるシルエットを一切捨ててしまうという考え方もある。
煌めきという光が魚達の捕食トリガーであれば、形ではなく感覚的な部分に訴えるという手法だ。これをCDCで水面下にぶら下げてドリフトさせる。

こうした考え方はスピナーにのみ有効だと思っている。ダンではなくスピナーのあのウイングに特化したマテリアルがモルフォファイバーだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今晩は。
いつもこっそり拝見させてもらっています。
somebinさんの巻くフライ、またそれに対する考え方、いつもとても共感できます。
フライフィッシングのことが大好きで、そのとても深い考察に感心します。

もうすぐ本格的な解禁となりますね。(自分はもう解禁しちゃいましたけど。)
今年もたくさん釣りに行かれて、たくさんブログアップしてください。
本当に楽しみにしています。

Flyfishistさん

コメントありがとうございます。こっそり見てくださっている、というのが本当に嬉しいですね。
未熟なフライ、画像、文章とお恥ずかしい限りです。
先程ざっとで失礼ではありますが、そちらのブログ拝見しました。今度じっくりと読みごたえのありそうな本文、拝読させていただきます。今後ともよろしくお願い致します。
プロフィール

somebin

Author:somebin
東京都練馬区在住
FF歴35年を超えました。まだまだ修行中の身なれど
少しでも役に立つ記事が書ければ幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。