スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神田の味覚

P2230010_convert_20110223151921.jpg 
汁粉屋  竹むら


久しぶりに神田へ。この町とは中学時代からの付き合いで仕事を持ってからも何かと縁のある界隈。今日の神田行きを知った娘達の要望で竹むらでお土産を買うことに。


P2230007_convert_20110223151958.jpg 
昭和5年創業の入母屋造り


とても古い建物で東京大空襲にも惨禍を免れたという。理由はよく知らないが、この一角は焼けなかった建物が多い。
しかしこの10年再開発は着々と進んで煉瓦造りのステンドグラスが印象的な病院も今はない(松田優作の探偵物語撮影に使われていた)。

P2230006_convert_20110223152033.jpg 
こじんまりと・・・

お汁粉、葛餅、あんみつ、ぜんざい・・・・そして揚げまんじゅうだ。東京には浅草にも門前仲町にも方々に揚げまんじゅうがあるが、やっぱり竹むらのものにとどめをさす。

P2230011_convert_20110223152113.jpg 
まんじゅう・・・・まんぢゅう?


字のごとしでまんじゅうにころもを付けて揚げてある。中のこしあんは言うまでもなく、揚げている油にも工夫がされているような味がする。とても旨い。

この一角には蕎麦では「藪」・「まつや」   鮟鱇鍋の「いせ源」  とり鍋は「ぼたん」  洋食は「松栄亭」  稲荷すし「志乃多寿司」     洋菓子「泉屋」  コーヒー「ショパン」と老舗が多い。

ちょうど靖国通りを挟んで向かい側は多町という。ここは江戸の昔から「やっちゃ場」、つまり青物市場として栄えた町だ。築地を見ればわかるように、市場の周りには舌の肥えた職人を相手にした食べ物屋が軒を並べるものだ。この須田町の一角もそうした成り立ちで、今日まで残っている。昼時にはあちこちに人の列が見られる。


P2230004_convert_20110223152206.jpg 
いせ源の取材?

人ごみの中は地井武男、東マックス、萬田久子・・・・TV東京の「和風総本舗」の取材らしい。竹むらのおやじさんの話だと・・
藪やってさっきウチが終わった。いせ源さんの次はどこかな?   この一角を収録しているらしかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

somebin

Author:somebin
東京都練馬区在住
FF歴35年を超えました。まだまだ修行中の身なれど
少しでも役に立つ記事が書ければ幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。