ルーツ

P4020001_convert_20110402201337.jpg 
さまざまなこと思いだす桜かな        芭蕉



咲きはじめました。今年の桜はいっそう様々なおもいを抱かせる。

高校のころ自分のルーツを調べた。由緒ある家柄でもなく当然江戸期に入ったとたん手がかりが途絶えてしまったが、どうやら植木屋だったようだ。江戸末期から明治初期に売りだされヒット商品となったのが「ソメイヨシノ」という桜。その特徴は、
成長が早く、色が淡く、枝ぶりが横に広く伸び、気温がまだ低い時期から咲くこと。また一斉に咲き、一斉に散ることも大きなヒット要因であったようだ。

東京は駒込から巣鴨に渡るエリアは江戸の昔は一大園芸村で、各大名の下屋敷の庭師として大いに繁栄していたらしい。
染井村と呼ばれたそのエリアから売り出され、昔から江戸の人々のあこがれであった奈良の「吉野桜」の名をちゃっかり拝借した「染井吉野」。商売上手の植木屋たちによってこの桜は瞬く間に日本中に広がった。

オオシマザクラとエドヒガンという桜の交配種であるという「染井吉野」は種では増えない。全てがさし木などによって人工的に作られたものだそうだ。つまりある一本の原木から生まれているクローン。だから一定地域の桜は一斉に咲き、一斉に散る。しかしそれが染井村の植木職人たちによって作られたものなのか、自然配合したものを彼らが発見し増やしたものなのか、不明らしい。

この桜の出現によってそれまでの桜のイメージは大きく変わり、現在われわれの多くが抱いている桜への印象が確立したと言っていいようだ。ご先祖がかかわったであろうこの桜は私にとっても特別な花だ。

何があっても春は来る。春が来れば花が咲く。坦々とやれることをやっていこう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おぉ~!!

えっ! そうだったの??
そう言われると・・・納得!?
面白い話ですね、調べてくださいよ。

嶌さん

なのですよ。かなり深く調べてありますが、やはり最初の原木の行方がわかりません。駒込あたりにあったという記述なりがあれば、ビンゴ!なのですが・・・造ったものなのか、突然変異的に交配したものを発見したのか?ただご先祖さんたちが関わったことは確かです。

No title

こんばんは。

う~ん。そう言う事ですか!
何だか凄いですね!

私も以前、苗字が珍しいので???と思ってご先祖は?
と思った事がありましたが・・・・・。
疑問に思っただけで終わってました!

OBA

これほど日本中に広がったこの桜は実は一本の原木から生まれたクローンであった、ってかなりびっくりなのですが、ご先祖さまが関わっていたこともまた仰天な事でしたね。OBAさんも何かあるかも??
プロフィール

somebin

Author:somebin
東京都練馬区在住
FF歴35年を超えました。まだまだ修行中の身なれど
少しでも役に立つ記事が書ければ幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR