釣り人向きの温泉とは?

法師温泉
法師温泉         長寿館

 
温泉のことを紹介するわけですが、その前に少し温泉の基礎知識を書いておきます。
温泉の定義は「温泉法」と環境省の「鉱泉分析法指針」というもので規定されています。


まずは温度のこと・・
冷鉱泉 25度未満
低温泉 25度以上34度未満
温泉 34度以上42度未満
高温泉 42度以上
(源泉の温度)
このように温泉法では温泉と名乗るには25度以上の温度がいるわけです。それ未満は鉱泉と呼んだりします。


もうひとつ温泉と名乗れる項目があって、それは指定された19種類の物質のうち一つでも含まれていればいいのです。つまり温度が25度未満であっても指定物質が一つ含まれていれば温泉なのです。なんか緩いと思いません?だから日本中に山ほど温泉があると言ってもいいと思います。

次に液性です。
酸性 ph3未満
弱酸性 ph3以上6未満
中性 ph6以上7.5未満
弱アルカリ性 ph7.5以上8.5未満
アルカリ性 ph8.5以上
酸性は湯に入った時にピリピリくる、あれです。アルカリ性はぬめり感がある、あれです。

その他に浸透圧による分類もありますがここでは省きます。

あとは泉質ですね。二酸化炭素泉、塩化物泉、硫酸塩泉、炭酸水素塩泉、放射能泉・・・などなどまるで化学です。実際そういう世界のようですが、文系としてはなかなかに難問です。こうした名前は温泉に含まれている物質によるわけですが、それによって効能が違ってくるわけです。

温泉は以上のように様々あるわけですが、どんなお湯がお好みかは人それぞれです。熱い、ぬるい、にごり湯、ぬめり湯、ほんとうにお湯の数だけ好みもあるわけです。
それでは釣り人向きの温泉を独断偏見で選んでみましょう。

温度:
34度以上42度未満 (温泉)
液性:
ph6以上8.5未満 (中性から弱アルカリ性)
以上であまり物質総量が多くないお湯

まず釣り人は身体が冷えている場合が多いと思います。ですから即温まりたい。40度前後は欲しいところです。
(山梨の下部温泉のように水の如く冷たいのですがそのうちジワッと温まってくる冷泉もあるのですが・・)
汗もかいています。さっぱりしたいですね。したがって液性は中性から弱アルカリ性がいいわけです。ゆっくり浸かって疲れを取りたいですね。長湯にはあまり濃い温泉は向きません。とまあこんな温泉です。

保温性の高いのは・・・炭酸泉、塩化物泉
さっぱり感は・・・・・単純泉、炭酸水素塩泉
疲労回復は・・・・・・ナトリウム・カルシウム塩化物泉
つまり、岐阜・蒲田川へ行ったら平湯や新穂高温泉 群馬・野反湖へ行ったら四万温泉 山梨・野呂川行ったら奈良田温泉 新潟・魚野は六日町温泉。
*ただし以上は源泉かけ流しの場合です。源泉があまりに高温で加水している場合。逆に温度が低すぎて加温している場合。あるいは一度湯船に入れた温泉を循環装置やろ過装置を使って再利用している場合はもともとの基準値が生きてきません。入って気持ちがよければ良いのですが、一応こういう基準値もあるということで・・・温泉の湧出のしかたやその利用のしかたについては、また今度。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分もびっくりしました(笑

こんばんは^^
自分は少し熱めのお湯が好きです ♪
あとにごり湯で硫黄の匂いがしっかりめ ♪
あ~温泉だと思えるお湯が最高です。
役内の秋ノ宮温泉も好きですが今回の平湯は最高でした!!
確かに実にタイムリーな記事でございました(笑
温泉も詳しくみるといろいろとあるのですね。
勉強になります。
でも、今までこれで温泉なの?と思うことも多かったので
今回のsomebinさんの記事で少し納得しました。
今後も良い温泉教えて下さい!

Re: 自分もびっくりしました(笑

> 平湯は炭酸水素塩泉の中でも重曹泉と呼ばれるものです。特徴は浴後の清涼感、肌がつるつるして昔から「美人の湯」などと言われるお湯ですね。お好みからいうと今度行った時にはぜひ「ひらゆの森」に行ってください。白濁のにごり湯で硫黄を含んだお湯です。phは7以下の酸性寄りだったと思います。たぶんお好みにドンピシャであると思います。
プロフィール

somebin

Author:somebin
東京都練馬区在住
FF歴35年を超えました。まだまだ修行中の身なれど
少しでも役に立つ記事が書ければ幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR