スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋入口のシャロム

 
最上流付近    色付きはじめた


シャロムの渓は私有物だから所有者が釣りしていいよ、という限り禁漁はない。通常の管釣りとはいろんな意味で異なる。

試作フライのテストであったり、キャストの確認であったりしに行くわけだが、魚を「見に行く」という要素が私には強い気がする。10月に入って魚達はどうしているのか・・・・・



PA070004_convert_20111007230753.jpg 
卵でパンパンの腹


なんだかんだと言っても結局釣るわけで・・・・・魚には迷惑なハナシ。

今回は季節の進行が若干早い上流部へ直行。よく晴れているが風が強い。強いばかりか冷たい!木枯しのように吹きまくっていた。キャストもままならない冷たい風に難儀しながら魚を探して上流へ上流へ。


PA070036_convert_20111007230826.jpg 
コンデジではこれが限界か?

二組のペアがいるのだが・・・・・こうした小砂利の浅瀬には今にも産卵しそうなヤマメたち。あえてフライは投じないが、こうなるとまったく反応しなくなる。

これからの渓歩きはこうした形状の浅瀬には要注意。3年後の尺が眠っているかも知れないので・・・・・・

同時期のヤマメでも不思議な事に単体でいるものは口を使うのだ。おもしろいのは、流れに定位してフライをくわえるのは圧倒的にメスが多い。きっとオスは血眼になってあちこちとメスを探しまわっているのだろう。そうしてオスの強烈なアピールを受け入れた途端に食欲はどこかへ飛んでしまう、とそんなことを想像してしまう。

そしてイワナは・・・・・


PA070018_convert_20111007230911.jpg 
ダイダイ色も鮮やかに


9寸を少し下回る美しいイワナ。ペアを組んだイワナは一組も見なかった。みな反転流やヒラキに出て餌を待っているように見える。ちゃっかりヤマメの卵などいただきながらゆっくりと産卵に入る、なんていう話もあるようだ。

といった具合にシャロムでは渓魚の生態が鮮明に見える。もちろんこのエリアの魚は世代交代を繰り返したネイティブと言ってよいものだからその生態は「ほんもの」なのだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

どこにペアリングいらっしゃるのか?
いつもの渓の様に見つけれません(笑

毎度思うのですが、渓にこう言うの見に?探しに行ってみる
オフの過ごし方もありますね!

今度行ってみようっと!
って言って荒雄にいっちゃうんですが・・・

Re: No title

画像を四分割して右下分割の右隅に・・・体色が黒ずんでいるので見えにくいですね。
浮いている魚の影が頼り?もうひと組は左上分割の中なのですが、水面が光っていて
私にもわかりません(笑)。
こういう小砂利の浅瀬、たとえばDVDコースの入口、クランクプール下なんてどうでしょう?
OBAさんの尺プールの上下両プールなんかも怪しいと思いますね。

シャロムって

まだ行ったことないんですが、
7や7半ぐらいの長さの竿で楽しめますでしょうか?

そうならば、新しい竹竿買えたら行ってみます(^^;)

G2Creamさん

竿は7から7’7”くらいが適正かもしれません。ただ本当に通常の管釣りのように9寸クラスが
バシバシ、とはいきません。成魚の放流がほぼ無いと思っていた方がいいです。特に上流域は流れも
細く無放流ですので、その年によって状況が変わります。つまり放流の無い自然渓流。

この日本で個人所有のクリークで釣りをさせてもらう、という感覚です。貴重であると思います。

ところでモンカゲ、ウイングによる回転障害はいかがでしょう?来年の5月までに私も千思万考・・・

No title

こんばんは

小生が行く一週間前に行かれてたんですね!
いつも行く上流部はイワナも一部ペアリングしてましたよ~
一週間で確実に季節は進んだのかもしれませんね

ペアリングしているのはホント口を使いませんね。
でも姿は見えるし、それも結構良い型だったりすもんですから
フライを投じてしまう

もう条件反射となてますよ
またはパブロフの犬??って所でしょうか

SAGE愛好会さん

もうそろそろヤマメは産卵完了。イワナ真っ盛りってところでしょうか。
大仕事を終えてなお年を越えようとする魚はこれから越冬のための
「荒食い」に入るようです。擦り切れたヒレや痩せた体は越冬前に一度
完全に回復するように感じます。
シャロムでそのこと始めて知りました。

木々の葉が全部落ちて流れから消えるころ、もう一度行こうかと思ってます。
流れの枯葉は厄介ですもんね。
プロフィール

somebin

Author:somebin
東京都練馬区在住
FF歴35年を超えました。まだまだ修行中の身なれど
少しでも役に立つ記事が書ければ幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。