釣りと原発事故

螟丈コ募キ晄ーエ邉サ縲?螂ス髢灘キ拈convert_20111101200806 
福島の渓


釣り自体が「遊び」であるということからか、どうもこの問題に釣り目線での情報が少ない気がする。しかし海はもとより私達のフィールドである渓流でもイワナやヤマメ、アユにセシウムやヨウ素が検出されている。福島では避難区域を流れる渓には入ることすらできない。


釣り人が関心を寄せるであろう情報としては・・・・・

水産庁の水産物の放射性物質の調査結果
福島県農林水産部水産課による調査結果などがあってその汚染の度合いを知ることができる。

阿武隈川や真野川のアユやヤマメ。福島県外でも群馬赤城沼、基準値以下とはいえ栃木の渡良瀬、鬼怒川、那珂川でも検出されている。汚染が遠くは秋田、山形にも及んでいることにびっくりさせられる。

こうした中で釣りをする者としてはどう捉えればよいものか、正直戸惑ってしまう。福島県内水面漁連は7月に東電に対して7,550万円の損害仮払い請求を出しているが、ここまで返答が得られていないようだ。海の漁連に対しては仮払いがなされているが、内水面に対しては交渉のテーブルにさえつかない、ということらしい。来春の発眼卵や稚魚の放流資金を考えると不安だ。

釣りジャーナリズムもなぜかおとなしい。FF界ではフライの雑誌のみが問題提起をし、特に富士五湖のワカサギ、ヒメマスに対する釣り人の懸念と山梨県農水部水産課の対応に関する記事は、放射能に対する各地のお役所の反応同様そっけなく無能ぶりを露呈していている。

こちらがだめならそちらに行く式の釣り感覚でよいのだろうか?私達の愛する渓や渓魚は確実に汚染されている。
取り戻すことはできないのだろうか?浪江のあの渓に立つことはもうできないのだろうか?なにかできることはないのだろうか?

たぶん「放置」という措置がとられるであろう福島の山林を流れるいくつもの流れは放射性物質の半減期を待つしかないのだろう。そう考えると無性にあの渓に行きたくなる。起こったことはもう仕方がない、とも思わなくもないが、未来のことを想うと釣り人としてこの国の原発のあり方を考えていくのも「あり」なのだと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「鮫川」「夏井川」も当分ダメでしょうね。Somebinさんの云うように「遊び」だから釣師は何も言わないのかな?原発は子々孫々まで影響が出るのに、「安い、よかろう」で飛びつく「のど元過ぎればば、熱さ忘れる」、この日本人の体質はなんでしょうか?北海道には「泊」があり、廃棄物保管で「幌延」(ほろのべ)天塩川河口のすぐ上があります。釣師も声を張り上げて運動しましょう。

No title

10月に群馬「K川」の禁漁区の沢では、産卵がみられました。原発を知らない彼らは、けなげにも産卵行動を盛んにしておりましたヨ。今年は川も相当荒れましたので、心配しましたが奴らは元気でした。 ここの漁協はどうなるのやら。東電の援助が大きかったので心配です。チャリティーオークションで被災地に8万超を送りました。 どのような使われ方をするのやら。この方も心配です。

所Z氏さん

魚の汚染データを見るとやはりアユが酷ですね。コケでしょうね。放射性物質がコケに集まるのでしょう。遡上した鮭に検出されないのは川での捕食行動がないから、ですかね?ということは川の中の除染など不可能でしょうからやはり「放置」半減期待ち?

所Z氏さん

来春に様々な影響が出る気がします。魚券を売るためには第五種漁業権行使のための「増殖」が義務なわけですが、「増殖」としての放流資金が気になります。天然繁殖だけで賄える河川などないでしょうし。
プロフィール

somebin

Author:somebin
東京都練馬区在住
FF歴35年を超えました。まだまだ修行中の身なれど
少しでも役に立つ記事が書ければ幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR