仮設住宅での餅つき大会

 
みんなの掛け声と共に景気よく


いよいよ餅つきが始まった。「よいしょ!」「はい!」、「よいしょ!」「はい!」と皆の掛け声に乗せて力強くつかれていく。

先日から準備万端整えられたこの日の餅つき。当日は朝早くから自治会の皆さんが集まり支度を始める。


P1070026_convert_20120107233947.jpg 
もち米を焚きあげ
P1070034_convert_20120108234156.jpg 
雑煮の準備を
P1070050_convert_20120108234322.jpg 
地元いわきの人もつく
P1070064_convert_20120108234612.jpg 
こども達もつく
P1070057_convert_20120108234537.jpg 
ウシトラ団員もつく (かあちゃん達からは、もっと腰入れてえ!と煽られて)

みんなで交代に餅を次々についていく。餅つきとは準備や段取りを考えるとこんなにも大変な行事なんだ、と思い知らされた。日本人は昔からこうやって地域の団結や繋がりを深めてきたのだとはっきり理解できた。

P1070053_convert_20120108234418.jpg 
つきあがった餅はかあちゃんたちにお任せ
P1070070_convert_20120108234845.jpg 
みんなで食べる
P1070079_convert_20120108235011.jpg 
おまわりさんも食べる

富岡の雑煮はすましにごぼうささがき、鶏肉、ニンジン、大根、せり、そしてつきたての餅。きりっとした冬の空気の中、温かい雑煮はことのほか美味く最高のごちそうだった。


今回ウシトラ旅団が用意したものは・・・
P1070073_convert_20120108234806.jpg 
自治会旗
P1070067_convert_20120108234932.jpg 
子供たち用の綿あめ、プラ工作
P1070054_convert_20120108234501.jpg 
おたのしみクジ
P1070085_convert_20120108235109.jpg 
獅子舞


子供達のお相手は「福島こども保養プロジェクト@練馬」のみなさんが担当してくれた。このグループにはウシトラの団員も参加していて、昨年夏に福島の子供たちを秩父に招待し外遊びを存分に楽しんでもらったというみなさん。餅つき当日にはその時の子供たちやお母さんたちと感激の再会を果たした。

自治会旗の他餅つき大会旗も用意したが、これはウシトラ団員のデザイナーの手によるもの。暮も押し迫った入校であり、発注先の業者はいい顔をしなかったが、原稿を送信すると「そういう事情か!被災者が喜んでくれるなら特急でやります」とのありがたい返事だった。

獅子舞は水戸からの参戦。まったく面識のない個人の方だったが、旅団長が偶然みつけた情報から直接お願いした。ほんとうに快く引き受けていただき、見事な舞いを披露してくれた。感謝感謝。

こうして支援の輪がひろがり、福島の人達と一緒に事を成し遂げられたということは実に意義深いと思う。なにより今回の行事は原発事故避難当事者である富岡の人達が、自分たちで行動したということに大きな意味がある。


P1070096_convert_20120108235201.jpg 
富岡のかあちゃん達
P1070098_convert_20120108235235.jpg 
そして、とうちゃんたち

全ての片づけがおわり仮設の集会所で茶話会。「3月の震災、避難以来こんなに楽しかったことはない。みんなのこんな笑顔をみたことがない」。そう言ってもらった。今回のイベントが上手くいったよ、という嬉しい言葉。

それは避難生活の中で自分たちが様々な役割をこなし、仕事をし、みんな一緒になって事を成し遂げたという喜びなんだと思う。

そうは言ってもこれから目の前にある現実をやはり見つめなくてはならないわけで・・・・・除染、中間貯蔵施設、土地の買い上げ、保障問題・・・・・今回の餅つきはこうした深刻な問題を自分たちで乗り越えていく第一歩だったのだ、と思う。そのためのサポートは何でもしていくつもりだ。

今回の餅つき大会。地元で様々な準備をしてきた小名浜聖テモテ教会のみなさん。いわき自由労組のみなさん。水戸からの獅子舞さん。練馬のみなさん。仙台、千葉、埼玉、横浜、東京から集結してくれたウシトラの仲間たち。ごくろうさまでした。ほんとうに有意義な1日でした。こうした支援の輪がさらに広がり、被災者、避難者を強く後押しできたら本当にすばらしいことだと思った。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

somebin

Author:somebin
東京都練馬区在住
FF歴35年を超えました。まだまだ修行中の身なれど
少しでも役に立つ記事が書ければ幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR