釣りに行ってみた

 
土手に咲くオオイヌノフグリ


やっと釣りに出かける決心をして、いっそのこと1泊で温泉になど入り、夜の温泉街をふらついて鮨などつまむような気まま旅をやらかしてみた。

春の進行が遅れている伊豆の川。今年はまだ採れるんだよ、とおばちゃんがツクシを摘んでいた。

天気晴朗なれど「風」強し。




P3280134_convert_20120329210659.jpg
 
8寸強の元気者


P3280136_convert_20120329210810.jpg 
これは8寸ちょうど


ブログで知り合ったFF-junkiesさんにお会いした。実はこれが初対面なのだが、川連を振っていたのですぐに彼とわかった。
ライズがあるということで上流側を譲っていただいた。ハッチはガガンボ?とみて鬼怒川用に巻いてあった毛鉤を結ぶ。

風が強い。なんとかレーンに乗せると出た。が、フッキングしない。かなりのハイプレッシャーか?

風がさらに強まりFF-junkiesさんは上流の風の影響が少ないエリアへ移動していった。ライズは下火で小康状態だったが、あての無い気まま旅なのでしばらく川を眺めていた。するとちょっと気になるライズがひとつ。ごく小さいライズだが、経験的にまともなサイズのライズだと理解した。

下流からの強い風でリーダーティペットが伸び切ってしまうが、なんとかスラックを入れてフッキングに至った。非常に元気な魚で9寸を予感させたが、メジャーでは25cm。フライはフタバのDD。ふっくらとした体で満足いく一匹。
その後2匹追加して納竿。


P3290152_convert_20120329211210.jpg 
明日にでも咲くね


今日も晴天。前夜の温泉街徘徊でのれんをくぐった鮨屋。慣れ親しんだ東京の鮨とはいろいろ違ったが、とても好印象の店で、若き三代目とあれこれ話をしているまに「磯自慢」をだいぶやり過ぎた。静岡にきたのだからやはり静岡の酒を。アオリやキンメ、アジなど地ものをやりつつ、少し飲み過ぎた。頭が痛いがなんとか朝風呂で回復。

京都などで「片泊り」と呼ばれる1泊朝食つき、というシステム。最近では伊豆の温泉宿でもこれをやっていて釣りをする身としては助かる。チェックインが遅くなりがち、旅館の夕食には間に合わない場合が多いのだ。しかも旅館のあの夕食は一人旅にはあれこれあり過ぎて逆に淋しくなる。

それよりイブニングもやってチェックインし、ゆっくり温泉に浸かってあてもなく街を歩きながら一杯やる、というのがいい。
宿代も安いし。

さて今日の釣りはだいぶ下流から。本来今回のブログUPの本題になったであろうかなりいい魚をばらしてしまったのだ。
ラッキーなことに車を降りてすぐにライズがあり、しかもだだっ広い川幅の岸より。私のキャスティングでもフライをコントロールできるレンジでのライズだった。オオクマのDDでうまくフッキングできたのだが、フライが沈み石で出来た流れのヨレで、クルリと方向を変えた瞬間に出たものだから、たぶん浅いかかりになっていたのだろう。残念なことをした。大きかったと思う。



P3290149_convert_20120329211104.jpg 
引きが良かった 体高あるアマゴ


肩をおとしつつも何とかハッチのあるであろう午前中に結果を出したい。そう思って少し上流へ移動、車を走らせる。
狙いの淵は静かなものでオオクマのハッチもごく少ない。これは瀬だな、ということでさらに上流へ歩く。久々の川原歩きも楽しい。流速、深度、石の入り方と理想的な長い深瀬に出た。フライをドレッシングしていると予想通りライズ。

3つほどやっていた。オオクマのCDC高浮ダン。今のところ風は気にならない程度。ダウンクロスで送り込む。ヘッド&テールで出た。自分で言うのもおこがましいが、綺麗に決まった。他の二つもそんな調子で釣れた。


P3290147_convert_20120329211612.jpg 
これもいい魚


大きさはともかくもいい本流の魚で、よく引く。ジャンプする元気者もいた。晴天の空の下、この流れとこのアプローチで釣れるのだから気持ちがいい事この上ない。

なんだか満足してしまって川からあがった。コンビニのお稲荷さんを広げてオオイヌノフグリが青い絨毯のように広がった土手で昼メシとした。

やっぱり釣りに来て良かった。雲ひとつない空の下、瀬音を聞きながら一服つけていると幸せを感じるとともに、3・11以降
随分ヤラレテいる自分にも気がつく。

東北の釣り友はあれ以来睡眠薬がないと眠れない、と言った。自分も被災地支援に躍起になっているのは、きっと覆いかぶさったあの震災に対するショックをどうにかしたいからなのかもしれない。普段通り生活しているようでも、みんなヤラレテいるのだはないだろうか?

釣りは自分にはやっぱり必要不可欠。そう再確認すると同時に、それを奪う原発はいったい何なんだ!と思わずにいられない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんだかんだとイイ魚達ではありませんかっ!!

ボクもそろそろウズウズしてきました^^



No title

cobakobaさんの言う通り良い魚ばかりじゃないですか!

私も川に行きたくなってきた!

自分でもなんだかやられているように最近感じていたところです。

No title

ガガンボ、フタバにオオクマですか~!
それにしても良い魚ですね~ありがとうございます♪
尺サイズ?大きいの残念(>_<)

いや~3回も読み返してしまいました(^^ゞ
風呂あがったら、ビールでも飲みながらもう一回読ませていただきます(;一_一)

No title

こんばんは~。
先日はお会いできて良かったです^^
あそこで釣られたのですね~。さすがです。
しかも本流の瀬でも釣られたようでなによりです。
今年はぜひ、秋田でご一緒させてください!!

cobakobaさん

思いのほかコンディションのいい魚が相手をしてくれて幸せでした。改めてこの釣りのすばらしさを知りました。もちろん身の回りに様々なことが起こっているせいもありますが、純粋にこの釣り全てが愛おしいと本当に思いました。

noboさん

土手の昼メシは最高に気持ちがよかったですよ。コンビニの飯もバケマス。またご一緒しましょ!

angler002さん

釣りができるという幸せを、これほど意識したことはないです。今年は一つ一つの釣りを大事にしたいと思ってます。

ff-junkiesさん

集中した1人での釣りを邪魔してしまった格好でした。ごめんなさいね。でもお話ができて良かったです。
下流でのバラシは痛恨でした。いつかはあそこで結果をだしたいですね。秋田は5月3週から予定しています。
あちらでもお会いしたいですね。

送別会から帰宅してBlogを覗くと

アマゴたちの写真がありました!(喜)

本日天候が良ければ群馬の本流でFFを
と考えておりましたが、あまりの強風にて
さすがに断念しました。

また、1週間仕事を頑張ってみます(笑)

G2Creamさん

お陰さまで釣りをしてきました。

群馬の本流も気になりますよね。鬼怒川のあの水面にゴマ粒をぶちまけたような集中ハッチ。
今一度見てみたいものです。

No title

やはり、川の見方というか、川のとらえ方が違うのでしょうね~。
さすがですね~。

おかげさまで、可能性が見えてきたような気がします。
こういった可能性を広げられるかどうかは、肝もですね。

私も、機会をみて、チャレンジしたいと思います。

sakuさん

なんとか対応できました。集中ハッチのライズをドキドキしながら狙いたいですね。
秋田までにもう何回か行きたいです。

No title

こんばんは。

良い魚達良いですね~。

・・・こっちはあいかわらず雪がこれでもか!!

ってほど残ってます・・・・。

ゲゲッ

お願いがあります。
どこのポイントのどの石の撚れの筋で出たんでしょうか??

今年あの川で多分somebinさんが一番イイ釣りしていると思います。

ボクは尺2寸(*注)はすでに10匹くらいは釣っているんだけどなあ・・・。

普段の行いと、人生への真剣みの違いなのかなあ・・。

OBAさん

伊豆も春は遅れていました。だから虫がイマイチですね。そちらは昨年と違って大水が出なかったようなので
今期は期待?でも仙北はこの前洪水騒ぎだったようですね。5月3週に行きます!

Flyfishistさん

強風とドピーカンで、虫もたいした流下量ではなかったのですがね。沼津NOのFFMと2人ほど話をしました。やはり調子は良くないようですね。たった1日半で判断はできませんが、虫の量?あれでは大場所の魚は浮かないような気がします。ただのラッキーですし、あのバラシを仕留めていれば胸張って報告できるのですが・・・・
プロフィール

somebin

Author:somebin
東京都練馬区在住
FF歴35年を超えました。まだまだ修行中の身なれど
少しでも役に立つ記事が書ければ幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR