スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒い秋田2日目

 
遅れを取り戻そういう森


例年になく水の引きが早く感じる。森も一斉に葉を伸ばし始め、この勢いでは山の水も一気に吸い上げられるだろう。
そうなれば早い水の引きに拍車がかかって減水傾向になるかもしれない。

今日は昼から小雨で水温も低い。流れに刺さっていると、ブルッとくる。


P5250015_convert_20120528000124.jpg 
9寸超え


まだまだ浮いている魚は少ないが、岩盤の淵ひらきに出て左右に揺れながら流下する餌を待っているヤマメがいた。
教科書通りの泡筋。流れの下手、泡がひろく広がるあたりはドリフトが難しい。少しヤマメが上流側に移動したのを見逃さず、小さめのスペントを投じる。フラットで浅い流れではこういうペッタリ水面に張り付くタイプがよかろうという選択。

ヤマメは自分の頭の上を通過したフライに、振りかえるような身のこなしでゆっくりくわえた。ゆっくりした動作とはうらはらに
フッキング後の走りは素早い。ギュンと竿を絞り込んで抵抗する。いい9寸オーバーだった。尺には若干足りないが満足の
一匹。


P5250019_convert_20120528000229.jpg 
いいヤマメでしょ

P5250012_convert_20120528000156.jpg 
これまた9寸オーバー


反転流が大石に沿って長めに筋を作っている。その流れが流芯に再び引きこまれるその接点に、まるでイワナのように
下流側を向いているヤマメがいた。少し横に回って見てみると流れのヨレの下には白っぽい魚体がありヤマメだとわかった。

時折何かをパクついている。迷ったが真下から、つまり魚の正面から少し距離をとってキャストすることにする。大石沿いの
反転流にフライを乗せて魚まで送り込む作戦。下流側からキャストしているが、ダウンキャストになるわけで、合わせだけは慎重に遅目、と自分に言い聞かせる。

幸い大口を開けてフライを口に入れ水中に戻ったのを見て合わせることができた。これも尺には若干足りないがものすごく
綺麗なヤマメだった。


P5250023_convert_20120528000302.jpg 
イワナも少し


体が冷えたので林道に上がり、川を見ながら歩いていると大きめな淵の開き最後部ど真ん中、かなりの浅い場所に魚が
のんびり泳いでいた。そんな目立つ場所では鳥につつかれるぞ・・・・・釣りあげて深場所に移してあげましょう。そうしましょ、そうしましょ・・・・・ということで斜面を下りフライを投げるとあっさりくわえた。イワナって・・・気持ちがよく理解できないといつも思う。リリースすると深場へ一目散に入って行った。

この日は本当に寒々しい一日ではあったが、いい魚が釣れた。ほんと秋田ヤマメは美しい!

体を温めようと温泉に行くと、地元の釣り友がお連れさんと湯船に・・・・少し情報交換をして分かれた。明日は最終日。この近辺で一番綺麗なヤマメがいる沢へ行ってみようかなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

秋田ヤマメ

9寸揃いですかっ!
スゴイなぁ。
ボクは8寸で喜ぶ釣りしてます(笑)

cobaさん

これぞ秋田!って釣り旅でした。大きさもそうですが、環境と
魚の美しさが際だってます。

秋田山女魚

艶めかしい山女魚ですよねぇ~

色白でつるつるのピカピカ!(笑)

一度は秋田にもFFしに行ってみたくなります(^^)

G2Creamさん

もうしばらくは渓のヤマメ相手ですが、季節が進めば本流のヤマメ狙いがメニューに加わります。
これはG2Creamさんのお好みに合うと思いますよお~。
変貌顕著な今年の鬼で、いいのを釣ってらして・・・さすがでございますなあ!
プロフィール

somebin

Author:somebin
東京都練馬区在住
FF歴35年を超えました。まだまだ修行中の身なれど
少しでも役に立つ記事が書ければ幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。