スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯川という特徴

 
クモの巣にはスピナー


湯川、軽井沢湯川である。さすがに6月に入って軽井沢も春、とは言えない季節。田植えも済んで、畑では高原レタス栽培が始まっていた。

渓畔も春蝉が盛んに鳴いている。春がこの前来た、と思ったら夏の入口がもう来ている。

湯川と言えば「砲弾ヤマメ」がブランドものだが、この頃はあまり見ない、という情報も・・・・・確かに尺ヤマメは釣れてもそれはかの砲弾ヤマメとはチョット違う気がする。むろんとても立派な尺ヤマメであることに異論はないので、また釣れてしまわないかなあ~、などと都合のいい妄想で出かけることになる。



P6070118_convert_20120607232257.jpg 
ヤマメがイワナのお召物?


当然ヤマメを狙っているので、ライズがなければそのようなポイントに限ってフライを流すことになる。ストレートに長めにできたバブルライン。それが沈み石にぶつかる流れ。程よく流速もあり水深もなかなかいい感じ。正にヤマメの絶好なポイントであるように思えた。

あまりに「アヤシイ」ので、しつこく5回、6回と流すとふっと浮きあがり静かに魚がフライをくわえた。あわせもバッチリ決まり、そのかなり強い引き具合からそこそこのヤマメであると確信した。ラインをたぐり寄せると魚は一気に下流に走り始めロッドがめいっぱい絞り込まれる。んん!こりゃあデカイ?

やっと浮かんだ魚を見てびっくり!イワナ??イワナだ!そうだ、軽井沢湯川にはブランドである「砲弾ヤマメ」の他に「豊満イワナ」がいたのだった。20年以上前にもこれと同じようなイワナを釣ったことがある。思い出した。

9寸に届かないようなサイズなのだが、どうでしょ、この体型!こりゃあ引くわけだ。


P6070121_convert_20120607232331.jpg 
テールの付け根!すごい・・・・


成魚放流、ヤマメ、イワナのハイブリッド、高速道路、ゴルフ場、スキー場建設などなど、湯川はこの20数年の間に凄まじい環境変化にさらされてきたと思うのだが、どっこいこのようなイワナもDNAを引き継いでいるのっだった。

恐れいりました。こいつはきっと尺になるよ・・・・・・


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

9寸足らずの魚なんですか それ?

なんだかヤマメみたいな体型ですね。

ボクのトコから軽井沢までわざわざ釣りに行くことはないとは思いますが、チャンスがあればいつかトライしたいなぁ。

No title

おぉー! 綺麗なイワナですねぇ
あぁー! こんなの釣りたいなぁ

cobaさん

川によって魚が違ってくることはままありますが、ここの魚の特徴って顕著だと思います。
まあ成魚放流を見境なくやってしまっているようなのですが、昔からの特徴ある魚もまだ
いるんだとわかりました。いろんな意味で不思議な川です。いつか試してみてください。

嶌さん

こんなイワナ、見たことあります??この体型はヤマメそのものですよ。
フライをくわえた流れもとてもイワナが付くものではありません。
悪化する環境の中でも受け継がれたその川の特徴が垣間見れて良かったです。
プロフィール

somebin

Author:somebin
東京都練馬区在住
FF歴35年を超えました。まだまだ修行中の身なれど
少しでも役に立つ記事が書ければ幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。