渇水秋田ピンポイント

 
長いプール


厳しい渓でなんとか9寸アップを攻略して林道の車へ戻る。まだ3時前。5時には帰路につかなければならないが、もう2,3
箇所気になるポイントがあった。全部は回り切れないので選んだのはこのフラットな長いプール。

前回は水量が多く定位してライズするヤマメは見られなかった。これだけ水位がさがれば魚の付く流れは限定されているだろう、という読みだった。



P6150166_convert_20120617002121.jpg 
本流筋のヤマメは体型も回復済み

P6150182_convert_20120617002256.jpg 
シャックもあるが・・・黒っぽい羽根物

P6150179_convert_20120617002151.jpg 
32cm


静かにフラットに流れる水面にディンプルなライズ。流れに入ってしまうと魚の位置が判断できない恐れがあるので、岸から
目標にになる岩盤の模様や苔などを確認。静かに流れに足を踏み入れる。

なるべく波をたてないようにゆっくりゆっくり目標に近づく。フラトに流れているように見える水面だが、ヤマメのライズするあたりをよく見るとときどきヨレが発生したりしている。あのヨレでドラッグがかかればきっと万事休すだろう。

ヨレにダイレクトに流れ込むラインではなく、ヨレの真横を通過するようなドリフトでフライを見つけさせる作戦でいくことにする。

フライは黒のスレッドをテーパーに巻きあげ、ナチュラル色のCDCを長めに目印に付けただけの19番。一投で決めたい。

ライズするタイミングを見計らってフライを投じる。いいスラックでティペットが着水し、そのスラックをほどきながらCDCの目印が魚に近づく。フライが到達する前に何かを食った。間髪入れづにフライも吸い込まれた。

とても太いりっぱな尺ヤマメ。今回も最後の最後に尺ヤマメを仕留めることができた。やれやれ・・・・・厳しいながらもいい結果が出て納得の帰路に着くことができた。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お見事です(^^ゞ

癒されました。。

angler002さん

見えているヤマメを釣るのにも多少は慣れてきましたが、まだまだ自分に負ける、って言うのでしょうか、
欲望と動揺をコントロールしきれませんね。
プロフィール

somebin

Author:somebin
東京都練馬区在住
FF歴35年を超えました。まだまだ修行中の身なれど
少しでも役に立つ記事が書ければ幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR