Kinugawabumな人たち

P4260095_convert_20150613221652.jpg

鬼怒川がフライ釣りを生甲斐とする人たちを、強く引き付けて離さないということに異論はないと思う。何がそうさせるのか?
虫と魚の関係?魚そのものの魅力?・・・・・その予測できそうで、できない摩訶不思議なところが、つまり答えの複雑さがそうさせているような気がする。


P6120200_convert_20150613221318.jpg

正解であっても、イレギュラーが多過ぎるからか、また試したくなる。不正解ですら、次回にはもしかしたら正解に転じるかも
しれない・・・・だんだん前のめりに・・・・

6月の今になってもまだ虫が流下し、昼間からライズが起こっていた。暗くなる刹那の一瞬には大きなヤマメが派手にライズする。

毎週通う人、近くに引っ越してきてしまう人、平日だというのにこのポイントには入れ代わり立ち代わり、エサ、ルアー、フライと
取りつかれた釣り人が行き交う。
みな言葉を交わし、お互いのbumぶりを確認しているようだ。


P4050060_convert_20150613221353.jpg

かく言う自分も結構なbumぶりに少々戸惑いながらも、通っているのだった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

someさんも遠くから通う立派なBumですねw
僕の場合はただ近いところに鬼怒川があるから・・・
摩訶不思議なことばかりですがそれでも楽しめるから行く♪

No title

少し前に人生最大の鬼山女魚をネットに収められず、
自暴自棄のCreamです。

この結果、真っ白な灰となりましたが、
ようやく抜け出せつつあるも、昨日の9寸強の2匹
ではため息しかでません。

あいつは山女魚なのに、ボクの右腕を痛めてくれ
左腕まで使いました。精神的にも痛かったですが・・・。

ボクにとっての鬼怒川の魅力は、やはり魚。
そして、河川・自然の雄大さ、そして水生昆虫の種類。

昨日初めてムラサキトビケラを捕まえちゃいました。
可哀想ですが、標本とし大切に保管します。

No title

もう本当にsomebinさんのおっしゃる通り。
先日現場でお会いした後、仕事の帰りなどで車を運転しながらまったく同じようなことを一人ブツブツ言いながら考えていました。

今のハイペースのままで鬼怒川を通い続けても、たぶん一生かかってもその魅力が色褪せることはないと思います。

No title

こんにちはsomebinさん
日曜日、朝いちでお会いしましたGUROです
前回の鬼怒川では釣行では、flyfishist さんの厳しい指導を受けて(笑)、なんとか尺鬼ヤマメを手にすることができました、が、、、昨日は惨敗でした。
私、、まだまだ、鬼怒川の奥深さが判っておりませんで、毎回学ぶこと多数です。
また現場でお目にかかることあるかと思います、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

GUROさん

今後ともよろしくお願いします。日曜にお声かけしたのは私ではなく、知り合いの
noboさんという方です。彼も毎日曜のキヌ通いが続いているようですね。

flyfishistさん

みなさんそれぞれに攻略を練っていらしゃるはずですし、それぞれの対応策や
想いのようなものを聞いてみたいですね。

Creamさん

ムラサキトビケラは北海道の西別でだいぶ前に見ました。あまりの大きさに
ビビリましたが、美しい虫でした。
BumCreamさんにもゆっくり魔窟鬼怒川についてお話しうかがいたいです。

嶌さん

楽しめる、っていうのが最大のキーワードなんでしょうね。これが楽しいの?
って思う人もいると思うのですよ。楽しめる幅をもった人がbumになるんでしょうな。
嶌さんの楽しみ方も好きです。
プロフィール

somebin

Author:somebin
東京都練馬区在住
FF歴35年を超えました。まだまだ修行中の身なれど
少しでも役に立つ記事が書ければ幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR