スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友逝く

 
アーガイルクラブのジャケット


もう20年も前にもらったジャケット。秋も深まったころ彼が着ていた。当時アーガイルクラブというブランドは質実剛健な野遊び着を作っていて若造だった私もファンだった。「そう、好きなんだ・・・やるよ。」と羨む私にあっさりくれたジャケットがこれ。

その友であり先輩の彼は、逝ってしまった。
西丹沢にYGLという管理釣り場がある。今から30年も前FFを始めたばかりの私は雑誌でFF、ルアーの専用釣り場が西丹沢にできたことを知った。さっそく毎週末のように通い始めた。とにかく上手くなりたくて、魚が釣りたくてしかたなかった私は朝早くから暗くなるまで竿を振り続けていた。傍から見れば少々「いっちゃってる」状態に見えたと思う。

暗くなって川をあがるといつも管理棟のログキャビンでビールを飲んでいる数人がいて、ある日声をかけてくれた。「ビール、飲んで行けばあ」。「いつも血眼で釣りしるけど、たまにはのんびりしなよ」。YGL開設時からの所謂常連で、楽しい面子だった。それからは毎週末は釣りの後には宴会が付くようになった。20代だった私は先輩たちから、特に彼からはいろいろな事を教えてもらった。酒、JAZZ、ファッション、野遊び、そしてもちろんFF。キャンプ道具を積み込んで岐阜飛騨、中禅寺、新潟魚野、会津裏磐梯、北海道西別川、いろんなところへ行ったなあ。

ちょっとした事情があってこの10年以上一緒に釣りをしていなかったし、会う機会もぐっと減っていた。今年3月鬼怒川の川原でライズ待ちをしていたとき携帯が鳴った。画面を見ると彼からだった。ものすごく久しぶりだったのでちょっとびっくり。

「ガンだって・・・・・」。物を食べたりすると喉に違和感があるので医者にみせたら、「食道ガンだって」。
6年前に同じくガンを患った私への告白だった。「じゃあオレとはガン仲間ってことですね!あははは!」。
一旦入院して抗がん剤を入れ、ガンを小さくしてから手術という治療方針だという。切れるなら大丈夫!大丈夫!

その一ヶ月後食道のガンは組織を破り気管に達した。もう外科的治療は諦めなければならない。4月下旬再入院。病院へ行くと先輩はベッドで穏やかに寝入っていた。起こさないように傍らの椅子に腰を掛け先輩を見ているうちに泣けてきた。どうにも涙が止まらないので一度部屋を出た。やばいよ・・・きっとこれはやばい。
自分を落ち着かせて病室に再び入ると先輩は起きていた。談話室に場所を移して治療のこと、仕事のこと、釣りのこと、いろいろ話した。「開高 健も食道ガンだったっけな・・・」。コホコホっと咳をする。気管がやられているんだろう。「ほら!オレもこんなに元気になったし、・・・釣りいきましょ!釣りに!」本当に一緒に釣りに行きたかった。ヤマメを釣らせたかった。行ける気がした。

もう一人の先輩からメールが入ったのは今月23日夜。彼は逝ってしまった。しかも今月7日に・・・・・
みんなには知らせるな、という遺言があったそうだ。一番親しかった先輩にご家族から連絡がこの日の夜あったのだった。まいった。本当にまいった。こんない早いとは・・・


今期、最終の釣りはキャンプにしようと思う。焚き火を熾して先輩の好きだったラムを飲もう。先輩の好きだったソニー・クラークのフレーズを口ずさもう。そしてこのアーガイルクラブのジャケットを燃やそうと思う。先輩が着ていたお気に入りのジャケットを荼毘に付すのだ。炎の勢いで先輩の元に返したい。

ありがとうございました。いろいろあったけど今はもう自由、フリーダム。なにものにも邪魔されない永遠の自由です。これからも皆を見守ってください。

一足先に三途の川のポイント押さえておいてくださいね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

somebin

Author:somebin
東京都練馬区在住
FF歴35年を超えました。まだまだ修行中の身なれど
少しでも役に立つ記事が書ければ幸いです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。